おすすめの品川区の賃貸オフィスの探し方

品川区の賃貸オフィスにはさまざまな物件があり、自社にとって最適なオフィスを探すのは判断に迷うことも多いでしょう。どのオフィスを選ぶかというのは大変重要なことで、賃貸オフィスの選び方によって業績やリクルートの応募数も変わってくるかもしれません。品川区で賃貸オフィスを探す際に最も重視したいことは、移転の目的や動機に沿っているかどうかです。オフィスの移転を決意したきっかけというものがあるはずで、移転は企業にとっても一大イベントとなります。会社の目指す方向やビジョンを明確に社員に伝えられるものでなければなりません。賃貸オフィスを選ぶにあたって重視したいポイントはいくつかありますので、移転の目的に合わせて優先順位を付けることで、納得のいく賃貸オフィス選びができるでしょう。

賃貸オフィスを借りる上で重視したいこと

品川区といっても広く、複数の鉄道路線が通っていますので、賃貸オフィスを借りるにあたってまずは立地条件を考えていきましょう。どの鉄道路線の沿線にするのか、駅からの距離、鉄道路線でのアクセスと車のアクセスのどちらを重視すべきかを考えていきます。自社の業務内容や特徴に合わせた立地で賃貸オフィスを探していくことが重要です。賃貸オフィスの立地が良ければリクルートの応募も多くなる可能性が高いです。良い人材を多く集めることは社員のモチベーションを上げ、会社作りにおいて欠かせない必須条件となります。人気の無い立地だと、新卒者や転職者の応募が少なく、理想とする人材が集まらない可能性が高くなってしまいます。ビルの立地や知名度はリクルートに直結すると考えて賃貸オフィス選びをしましょう。

賃貸オフィスは広さも重視して決めよう

品川区の賃貸オフィスを借りる際には、オフィスの広さも考慮に入れる必要があります。人数に連動させて広いスペースを借りることを考えなければなりません。人がたくさんいるにも関わらずオフィスが狭ければ、働き心地にも影響を及ぼし、閉塞感や動線に不具合があれば、業績にも影響してくる可能性があります。一般的な広さを算定する上で、一人あたり2.5から3坪のスペースが必要とされています。従来は一人当たり3坪で計算されていましたが、業種や勤務形態によっては2坪を基準として考えられるケースも増えてきています。品川区の賃貸オフィスを検討する際には、今後の人員の増加も見込んで考えていくことが必要です。移転周期の平均は5年とされているので、5年先の展望も考えた上でオフィスを決めたいものです。